<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< 星になった少年 | main | チャーリーとチョコレート工場 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
旧約聖書を知っていますか
この間呼んだ、ダヴィンチ・コードの影響を受けて。
聖書にも興味を示してみたり・・・なんかして。

なかなかとっつきにくそうな聖書だけども。
調べてみたところ阿刀田さんの本は、書いてる本人も信仰がないらしくて(笑)
読む私にも信仰がないんだから、ちょうどいいんじゃないかと思って借りてみました。

そしてそして、聖書の内容を少し皮肉りながらも分かりやすく説明してくださってます。
さすがですグッド阿刀田さん!!
小学生の頃、「アブラハムには7人の子」という曲を歌わされたんだけど、、
その当時もちろん聖書のことなど全く知らない私は、アブラハムって何!?とかなり冷めた感じで歌っていましたたらーっ

だって、歌詞がこれまた不思議で、、

♪アブラハムには7人の子
 1人はノッポであとはチビ
 みーんな仲良く暮らしてる
 さぁ踊りましょ〜

だよ?
そしてこの後、右手・左足・頭・・・etc
と、、続いていった気がする。

あー、やっぱり不思議な歌だ〜ノーノー


と、、話を元に戻して。
旧約聖書にはアブラハムが出てくるわけですよ!
「おー、これのことだったんだ〜ひらめき
なんて改めて理解してみたり。
実際アブラハムには7人の子がいて、たぶんノッポはイサクだろうな・・・なんて想像も出来るようになったわけですよニコニコ
それまで旧約聖書の内容なんて一切知らなかったからね。

新訳と旧約の違いも分かりました。
阿刀田さんの例えがまた分かりやすくって。
旧約はユダヤ教の聖書。
新訳はみんな知ってるキリスト教の聖書。
それぞれ信じるものが違うから、ユダヤ教にとっては旧約聖書が唯一の聖書で。
キリスト教にとっては、キリストが元々ユダヤ教徒だったこともあり、どっちも聖書。
新訳を詳しく理解するためには旧約も読まなきゃいけない、とかそういう違いらしい。
私はてっきり、どっちもキリスト教のもので、ただそれが新訂したかしてないかの違いだと思ってたよ汗


旧約聖書に書かれてることは、
神が創造された一番最初の人類、アダムとエバ(イブ)から始まり。
神のお告げにより最初にイスラエルに移住してきたアブラハムとその子孫らの話。
有名なソロモン王もアブラハムの子孫なんですね〜。
いやいや、、いっぱい名前が出て来すぎてもう忘れ気味だけど。

覚書程度に名前を挙げると・・・
創世記:アダム、エバ → カイン、アベル → ノア
それ以降:アブラハム → イサク → ヤコブ → ヨセフ → モーセ → ヨシュア → ダビデ → ソロモン  

ね、、結構聞いたことある名前も多いでしょ?
なかなか役に立つ雑学を学んだ気分だよ猫2


でも、どうも納得がいかないことも多くて。
何か災いが起こるとするでしょ。
そうすると必ずそれは、人が唯一の神をほったらかして他の神を讃えたからだ、とか。
行いが悪いから、と言うことになってる。
まぁ・・・そうだと決め付けたいならそれでもいいけどさ。
ちょっとした自然現象でも全て、人が神に何かしら良くないことをしたからってことになってて少しウンザリ・・・[:がく〜:]

そしてもう一つ。
こっちの方が重要で!
聖書の中の神は唯一の神だと言うけれど、絶対イスラエル人だけ贔屓しすぎなんだって!!
これはもう明らかに。
聖書の言うところによれば、まず始めにイスラエルの人を豊かにさせて。
落ち着いたら他の地方の人・・・って順番らしいけど。
全然ダメだよ。
今だってあの辺りは諍いが絶えなくて、全く豊かになったなんて思えない。


信仰心のない私から見ると、明らかに旧約聖書はイスラエルの人が作ったものなんだよね。
だから自分たちの都合のいいように出来てる。
大体、アダムとエバが書いたのでもない限り、一番最初のことなんて分かるわけないし。
さすがにソロモンは実在していたんだと思うけど、アブラハムも本当にいたのか少し謎。
こんなこと言ってたらユダヤ教徒やキリスト教徒に怒られそうだけど、、理解に苦しむ点がいくつかあったことは否めないな〜。

だけど、何も知らないより明らかにいいかも。
ちょっと知っておくだけで、ユダヤ教やらその歴史について触れやすくなるし。
なんていったって、何ヶ国語にも訳されちゃう世界のベストセラーなんだから。
旧約聖書に興味のあるけど、全部読むのはちょっと・・・って方には、阿刀田さんのこの本はオススメですラッキー
| comments(0) | trackbacks(0) | エッセイ |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック