<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< シノダ!鏡の中の秘密の池 | main | 恋する神父 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
トキオ
評価:
東野 圭吾
講談社
¥ 790
(2005-08-12)
初・東野さんの作品おはな
東野さんの作品は読みやすい!!
さすが売れっ子作家さんだ・・・。
この方の作品はサスペンスが多いんだと思ってたけど、そうでもないんだね。
他の作品も読んでみたくなっちゃいましたラブラブ
『トキオ』のお話自体は前にNHKで放送してたときに観てたから知ってました。
だから読んでるときも、トキオ=翔くん、拓実さん=国分さん、を思い浮かべながら読んでました。

結末を知っているからか、最初からうるうる状態で。
トキオの気持ちを考えたりすると、本当に泣きそうになっちゃうの。
ありえないことだとは思うんだけど、素敵なお話だよね。
そして、ちょっと私もこんな体験してみたいなーって思ったり。
この手のお話を読むと必ず、実際どっちが先なんだ?って考えちゃうんだけど、深いことは考えず、拓実さんとトキオのやり取りを楽しむべき!

トキオの言葉と一緒に、東野さんのメッセージみたいなものも伝わってきて、ジーンときました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 日本文学 |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック